お詫びm(_ _)m

ここ数日ブログの不具合でコメントの承認が出来まへんでした!勉強不足で自分では解決できず、安藤氏(ブログマスター!)に助けてもらいました。感謝!
今後ともよろしくです!
あー!そうそう!、17日のLIVEには。一時一緒にやっていた元JAPの撰(えらぶ)君や。20世紀少年でおなじみ浦沢直樹さんが出てくれます!。皆も浦沢ニールヤングを聴きにきて~!
チケットの相談は私でもOKよー!!

お知らせ

13 comments


  1. おらほのうみさ

    和久井さんとのミーティングも済み、あとはマイペースの音合わせ? リハの時はマイクの高さ確認してね。時々、苦しそうに見えるからさ(余計なお世話!!)。私の中では浦沢さんって「20世紀少年」以前に「YAWARA」だよなー(遠い目)。

    • 森田

      マイクに関してのご指摘有難うございますm(_ _)m、
      ガタガタ準備するよりも、サッサと歌いたい方ですから、多少のセッティングの悪さは気にしないのだ。
      本当はベストなマイクポジションは大切ですよね。
      きをつけます。

      • おらほのうみさ

        m(_ _)m ←このマーク、「おじぎ」と打って変換しても出るんですけど、手の部分が森田さんのイニシャルになってるね~。キャハハハハーーーーー! 

  2. 練馬の則ちゃん

    おめでとうございます。またひとつ「目から鱗」で、成長めざましい森田さん!
    私の成長もひとつ・・・。
    17日LIVEはローソンの「ロッピー」というチケット購入申込み機で参加申し込みをしてきました。あの機械は購入を「許可」するだけで、チケットはレジに行かないともらえないのですね!それも時間が限られていて、仕事の合間によよいのよい!と買うつもりで居たのに、冷や汗と共にレジカウンターを何度も往復してしまいました。
    の割にあっさり手にしています。
    昔、友達と連合くんだり授業サボって公衆電話走ったり、親兄弟まで駆使してぴあにダイヤルし続け、キョードー東京やウドーに掛けまくっていた事が懐かしいです。
    ライヴ・コンサートを観に行くって、チケット購入から始まっていたっけ・・。

  3. みいちゃん

    みいちゃん第2信
     ライブまであと1週間をきりましたね。忙しい毎日で、大変だろうと思ってます。
    この間、日経新聞で、マイペースの先輩だった不遇な山平さんの記事が、2回載っていましたので、
    切り取っておきました。先輩の才能を偲んで、6月にラストライブをやると書いてあったので、マイペースも合流して開くのではないだろうかと思っていました。
     よい音楽は、何十年たっても、人の心に残ります。 歌手のみなさまは、持ち歌を持ってがんばってます。 三条正人の「小樽の人」、 北島三郎の「風雪ながれ旅」 等々のように、末永く歌って下さい。
     東北の人は、みんな声がいいですね。 吉幾三にしても、新沼謙二、さとう宗幸、北海道ではあるが
    細川たかし、それから、民謡の人たちに、感心しています。
     マイペースのみなさんの、伊藤さんは、流麗なフルート、サン・サーンスの、「白鳥」でも聞きたいですね。抜群のスタイルと、リズミカルな身のこなし、ファンが増えています。
    根さんの、のびやかでありながら、ボーカルの声を生かしている歌い方、どうみても40代にしか見えません。3人あってのマイペースだと思っています。
     これからも、がんばって下さい。 心から応援しています。
    返信は億劫だと思いますのでいりません。 「東京」を毎日のように聞いています。
    また、テレビに出て下さい。

  4. おらほのうみさ

    けさ、変な夢見てしまった。私が浦沢さんに「ゼロ、イチ、ニが続いてるから、次はサン、ヨンだね」と言う。すると、背後から森田さんが慌てた口調で(声だけの出演)、「違うよ、もうキュウ、ジュウまで来てんだから、失礼なことしゃべってはわからね」だって。いったい何を数えてたのー?! 
    あ、みいちゃん、日経新聞の何日付でしたか? 見逃していました。

  5. 明日の山平さんのライブは都合もあり行けませんが、がんばってください。
    「山平和彦の生涯」は古い本かと思ってたら、新しいものでしたね。私の方の図書館で「読みたい」と申し込んだら、購入してくれました。次回、そのうちに、和久井氏に「マイペース」について出してもらうことになりますね。この前のテレビのように出演すれば、「大衆的ブレーク」はもっと大きなものとなると思います。大衆的になりたくないとお思いならばこのままでもよいと思いますが。
    テレビ東京にはどのような経緯で出演したのでしょうか。
    とにかく体に気をつけてがんばってください。応援してます。

    • おらほのうみさ

      佐々木さん、私が住んでいる町&職場の近くの図書館でも買ってくれて、どちらも6人待ちの人気ですよ! 

  6. みいちゃん

    おらほのうみさ さんへ    みいちゃんより
     お尋ねの記事は、日経5月20日(日)の、読書の欄、和久井光司氏の記事で 「放送禁止歌手 山平和彦の生涯」 埋もれた歌手の足跡を追う という見出しでした。
    そこに 「マイペース」 というグループをプロデュースし、ヒット曲 「東京」 を生む、その後引退し、99年に、テレビ番組に出演を機に、活動を再開したが、52才に事故のため他界した。
    そのありあまる才能とカリスマ性は、引退後も人を惹きつけてやまず、追悼ライブを6月にやるとありました。
    ちなみに冒頭に書いた題名の本を出版します。(河出書房新社 2400円) とのことです。
     もう一枚の記事は、小さくて日付が残っていません。 内容は、ほとんど和久井さんと同じです。
    山平和彦死亡2年前のラストライブのCDの紹介でした。
    「羊が6万匹」 という大作で、再起をかけたが、果たせなかった。 秋田県にとって逸材らしく、惜しまれます。

    • おらほのうみさ

      「みいちゃん」さん、5月20日付はみつかりました。
      ありがとう。持つべきものは、マイペースのファンですね。
      これからもよろしくね!

  7. おらほのうみさ

    昨日のライブ、とても良かったですね! ミューシャン、パフォーマーのみなさん、それぞれの表現をしていて感慨深いものがありました。とうじ魔さんの木綿糸で音を出す演奏、思わず裏側を見ようとして立ちそうになりました。中山ラビさん、この小柄な方のどこに力があるの、というくらい歌にも演奏にも迫力があってびっくり、な~んて書き始めると原稿用紙5枚くらいになるので、割愛します。
    伊藤さんのフルートが壊れてさっき買ったとのことでしたが、これは「まだまだ続けれよ」という山平さんのお告げでしょう。3人とも元気で何よりです。

    • おらほのうみさ

      ミュージシャン」が「ミューシャン」になっちゃったー!(涙)。ウーロン茶しか飲んでないのにー。
       で、森田さん、できたら和久井さんから写真借りて載せてください。